<< 俺的貫通ライトの最高峰メリオル... だから、不具合はメールででもい... >>

片手剣によるラージャン尻尾切り6日目

集会所☆8『炎の山の金獅子』:氷牙+回避性能2+体術1>尻尾斬り×(討伐22分台)
集会所☆8『炎の山の金獅子』:氷牙+回避性能2+体術1>尻尾斬り×(討伐20分台)
集会所☆8『炎の山の金獅子』:氷牙+回避性能2+体術1>尻尾斬り○(尻尾切断13分台,討伐16分台)

6日目にして遂に尻尾切れなくなった(つД`)
一戦目はMHP2G初の金冠ラージャン。最初から敗戦ムードだったものの、ちょっと尻尾に斬りつけてみようと思うと割りと届くんですな。大型なので尻尾に届かないかと思いきや、ちゃんと尻尾も体に合わせて長いのでかえってヒットしやすいのかも…と、思ったもののやっぱりなかなかヒットせず、20分針を越えてようやく非怒り時に尻尾怯みモーション発生。あとは次の怒り時に一撃でも尻尾にヒットすれば切断~~~♪ と思ってたら、案の定、非怒り状態のまま討伐(つ∀`)

二戦目も明らかに金冠だったので、一戦目の雪辱…と思ったもののやはり尻尾切れず終了。ラージャンの転倒方向が溶岩流でせっかくの尻尾攻撃チャンスを無駄にしてしまったりと、慢心もあったのか基本的な部分で尻尾を斬るための立ち回りができずに尻尾切れないまま討伐。

三戦目でようやく尻尾切断。
ようやく股下をくぐって切り上げを当てるという立ち回りが板についてきて、バックジャンプブレスや遠距離からブレスを仕掛けてきたときに上手く尻尾に斬りつけられるようになってきたような気がしますな。そういえば、少しずつ「尻尾へのヒット」と「脚へのヒット」の見分けがついてきた気がします。意外に、尻尾へのヒットは少なくても良いのかもしれないなぁと思ったり…

それにしても、1回のクエストで回復Gを10近く使うんですが、その9割はバックジャンプでの被弾によるものだったり………このあたりの被弾を少なくすることも今後の課題ですかね。
[PR]
by takiteso | 2009-02-24 08:33 | MHP2G
<< 俺的貫通ライトの最高峰メリオル... だから、不具合はメールででもい... >>