人気ブログランキング |
<< えぇぇぇぇぇぇっぐぅどぅりぃぃ... ゲリヨス >>

『刀語 第一話 絶刀・鉋』読了

西尾維新2007年大河小説第一巻。
月1冊で一年かけて12冊という、西尾維新バカじゃねぇのというかなんというか、できるもんならやってみろ、楽しみに待ってます。

擬似江戸時代というかなんというか。
そういう世界での無刀の剣士・七花と奇策士・とがめの妖刀蒐集物語ですか。
まぁ、12巻中の1巻目ということで序章というか前書きというかその辺りなので爆発的な面白さというのはないですが、この人の文体は好きなので楽しく読めましたの。

しかし、バトルシーン書くの下手だな、維新^^; ところで時代活劇なのにいきなり「ガード」って台詞が出てきたの、そういえば^^;


作品名:『刀語 第一話 絶刀・鉋』
単行本: 240ページ
出版社: 講談社 (2007/1/10)
ISBN-13: 978-4062836111
by takiteso | 2007-01-17 20:18 | 読書履歴
<< えぇぇぇぇぇぇっぐぅどぅりぃぃ... ゲリヨス >>