<< 星五老討伐戦 星七岩竜さらに連戦中 >>

下位ラオにおける内輪フレでの討伐の可能性(実践その一)

さて、前回で3人PTで下位ラオ討伐を目論んだ場合、一人当たりのノルマとして約8300は稼ぎたいよねという話をしました。そこで今回は実践その一としてガトリングランスではどうなの?ってところを検証してみようかと。

へたれがごちゃごちゃ考えてるだけなので違ったりしてることも多いでしょうが、まぁそれは内輪議論なので目をつぶってくれるか指摘してもらえるとありがたいです。





さて、実践としてはオフラオをどの程度のタイムで討伐できるかというところを試してみたい。
オフラオの体力は13333固定。
これに下位ラオの全体防御力90%を乗算して約12000。
さらに支給品の大タル爆弾G×2、小タル爆弾G×1、バリスタ×10を使って1330ダメージを稼いで11000弱。

ノルマの8300の近似値というにはでかすぎますが、PT戦の場合乱戦となり思ったように攻撃できないことが往々にしてあるため、保険的な意味を込めてオフラオで撃退できるくらいじゃないときついよねと考えることにする。(今までの計算はなんだったんだ)
e0069487_1371938.jpg

いやぁ、実はランスって苦手なのよね、サイドステップ知ったのもついこの前だし。
言い訳でなくて本当にほとんど使ったときがないので、ランスに関してはもうにわかランサーと言ってまったく持って差し支えない。そういった腕前を踏まえたうえでの実績としては
e0069487_138516.jpg

26分弱で討伐。

下位ラオが35分のクエで、エリア移動やラオ出現待ちなどで実質25分程度しか攻撃時間がないと考えても、26分弱で11000程度のダメージを稼げれば十分下位ラオ討伐の戦力と言っていいんじゃなかろうか。

ちなみに三連上突きよりも一上突きごとにバックステップかサイドステップで位置修正した方が効率的にダメージを与え続けることができるように思いました。
[PR]
by takiteso | 2005-10-08 01:44 | 内輪向け作戦会議
<< 星五老討伐戦 星七岩竜さらに連戦中 >>