タグ:金原亭馬吉 ( 4 ) タグの人気記事

古今亭菊之丞独演会

古今亭菊之丞独演会
鈴本演芸場
2011年10月31日(月) 18:30開演

春風亭朝呂久『手紙無筆』
金原亭馬吉『幇間腹』
古今亭菊之丞『文七元結』
仲入り
三増れ紋 江戸曲独楽
古今亭菊之丞『火焔太鼓』

菊之丞月間(*゚∀゚)ノ
御徒町で下車してまっさきに二木の菓子に寄って本橋製菓の『あん入ドーナッツ』を2パック購入。これが最近ちょっとハマっているお菓子で、まーーーこれが旨い。甘すぎないアンにたっぷりかかった砂糖、しっとりと口どけのいいドーナツ生地、夢のようですよ。これで週末のおやつはこれで決まり。

で、開演ぎりぎり間に合わず開口一番の朝呂久さんがすでにマクラに入っている所で着席。朝呂久さんはお初ですが、眼光が鋭くてちょっと力が入り過ぎてんじゃないかなぁ。眉間どころかオデコにまでみっちり縦筋入って、見てるこっちが力入っちゃう。単純思考で申し訳ないけど、この人の『らくだ』とか聞いてみたい。

続けて馬吉さんで『幇間腹』。
「ぃよっ、えらいっ!」の時のニカッとした笑顔がなんとも言えない輝き。

続けて菊之丞師匠の『文七元結』。
正直、この噺あんまし好きじゃないんだよなぁ…
娘が身売りした途端瞬時にして付け焼刃的に心を入れ替えた長兵衛が、善行と言うよりもむしろ単なる江戸っ子のプライドによって50両を文七に押し付け、その行為が文七を救ったという善行としてだけクローズアップされての大団円。なんか、後日談でまた博打で身を持ち崩しそうなんだよ、長兵衛。話としては長兵衛が心を入れ替えれ一年働いてようやく50両を用立てて、返しに角海老に向かう途中で身投げを仕様とする文七に出くわす…のほうがその50両により重みが出るんじゃないだろうか。あ、菊之丞師匠の『文七元結』は角海老の女将さんがさすがでした、ブラボー。

仲入りでビールとアラレでおなかを満たしつつれ紋さんの江戸曲独楽。
流石の貫禄、すごいパワー!
ガンガングイグイ押してくるねー!
見事な話術に切れの良い独楽芸!

続けて大ネタ『火焔太鼓』。
菊之丞師匠の火焔太鼓はもうずっと楽しみにしてた一席。
殿様を将軍様に置き換える遊びを入れて、途中に駄洒落を仕込む菊之丞師匠w
菊之丞師匠の火焔太鼓は旦那がちょっと若々しい感じがする。
女将さんは溌剌としていてちょっと色気もあってでも旦那をかわいがってる感じで。
やっぱり最後の小判をどんどん出していくくだりは腹抱えて笑っちゃうな。
[PR]
by takiteso | 2011-11-30 23:24 | 落語

らくごカフェに火曜会

らくごカフェに火曜会
らくごカフェ
2011年9月27日(火) 19:30開演

古今亭菊六『壺算』
金原亭馬吉『味噌蔵』
仲入り
金原亭馬吉『王子の狐』
古今亭菊六『四段目』

またもギリギリの前日予約で飛び込み。
今回は大好きな菊六さんと大好きな馬吉さんのツープラトン。

四谷の広島つけ麺の店『ぶちうま』で久しぶりの40辛1.5玉を平らげて腹ごしらえしてからカフェ入り。真打昇進が決まった菊六さんもそうだけど、馬吉さんもかっこいいからかね。若いおねえさんがたが多かった。2~3度落語聞いた人が初めての友だちを誘ってっていう図式のグループがいくつか見えて「いつ拍手すればいいの?」「出てきた時とお辞儀した時と…」というやり取りが聞こえましたり。こういうのいいねぇ。

今回は馬吉さんの『味噌蔵』と菊六さんの『四段目』で定吉受難話つながり。菊六さんの『壺算』と馬吉さんの『王子の狐』で兄ィと弟分つながり…だったのかな。面白かった。

馬吉さんは声がまろやかだし所作も綺麗で、『味噌蔵』の小僧さんや『王子の狐』の雌狐なんかしっくりくる。毎回頭のあたりでちょっとだけモタッとしちゃうところがもうちょいなーと思うんだけど、気づいたらそんなの気にしないで大笑いしてて嬉しいし、菊六さんはなんかもう間のとり方がたまんない。『四段目』の定吉の芝居真似も見事だったなぁ…満足の一晩。これでドリンク付1500円なんだかららくごカフェはたまらない。
[PR]
by takiteso | 2011-09-28 00:48 | 落語

らくごカフェに火曜会

らくごカフェに火曜会
らくごカフェ
2011年3月29日 (火)  19:30開演

柳家三之助『初天神』
金原亭馬吉『子別れ(上)』
仲入り
金原亭馬吉『たらちね』
柳家三之助『猫の災難』

前日ふと思い立って火曜会を予約。
駅近くの立ち蕎麦でソーセージ天蕎麦にちくわ天を乗せてかっこんで、デザートにファミマのバウムクーヘンを平らげていざカフェへ。19時開場で19時5分頃に乗り込んだらもう7割方の入り。さすがカフェ創設の立役者そろい踏みの会ですな。ホール落語と違って客層が比較的若めで、なにより若いおねえさん方が多かった。なるほどね、馬吉さんちょっとかっこいいもんねぇ。


三之助『初天神』『猫の災難』
三之助さん初見!
今回は会場が小さいおかげで噺家さんの表情をじっくり見られて、「こんな表情豊かに演じてたか」とたっぷり堪能できてよかったよね。『初天神』の子供の表情、『猫の災難』の熊の酔い潰れていくさまが本当におかしかった。

馬吉『子別れ(上)』『たらちね』
震災後に落語会のキャンセル続出でぽっかり開いた時間で覚えたという『子別れ』の上をネタ出し。『子別れ』の上でこんな笑ったの初めてだった。音声だけ聴いてると声が独特な綺麗さというくらいしか印象がなかったけど、間近で高座を見るとこんなに迫力あったのかこの人とちょっと虚を突かれた。仲入り後は「早く三之助師匠に渡さなきゃ。なにやろうかな」と『たらちね』を足入れまで。堪能堪能^^

ところで、隣の席のおじさんに「今のうちに小満んを聞きいといたほうがいい」と教えていただいたり。志ん五師匠の時に悔しい思いをしたので、次の5月の会には聞きに行ってみたいところ。
[PR]
by takiteso | 2011-03-29 23:53 | 落語

第7回多摩千客萬来亭 金原亭馬生独演会

第7回多摩千客萬来亭 金原亭馬生独演会
パルテノン多摩小ホール
2010年11月18日 (木)  18:30~

e0069487_125138100.jpg
金原亭馬吉『ざるや』
柳家一九『佐々木政談』
金原亭馬生『代り目』
仲入り
ダーク広和:奇術
金原亭馬生『富久』

馬吉目当てに馬生師独演会に行く、何かが間違っている夜。


馬吉『ざるや』
きゃーー、馬吉さーーーん!
完全に舞い上がって声援をあげる僕であった('A`)
ほんとに見れば見るほど聞けば聞くほど「馬生師のお弟子さんなのだな」としみじみ。
馬生師もそうだけど、馬吉さんはメロディーが柔らかくてとても心地いい。
こういうことを言ってはいけないかもしれないけど、声質ってすごく大事だよね。
声が気に入らないとどうしても受け付けないってところはあると思う。

一九『佐々木政談』
金馬型。
何回聞いてもそれじゃ佐々木政談じゃないだろと思う。

馬生『代り目』『富久』
なんとまぁ心地良くまろやかな音だろうな。
このリズムに合わないと好きになれないのかもしれないけど、自分は好き。
『代り目』は軽妙に、『富久』はたっぷり。
堪能堪能^^
[PR]
by takiteso | 2010-11-18 22:50 | 落語