<< HR900試練『紅き怒りを追撃... フォワード.1“襲来!双極の脅威” >>

柳家ろべえの挑戦:師匠が来るぞ

柳家ろべえの挑戦:師匠が来るぞ
新宿・道楽亭
2011年4月21日(木)  19:10開演

ろべえ『道灌』
ろべえ『初天神改』
喜多八『挨拶のみ』
仲入り
喜多八『三人旅(びっこ馬、鶴屋善兵衛)』
ろべえ『やかんなめ』

ゲストに師匠の喜多八が来るというので「師匠の前でどんな高座になるかな」と楽しみにしていたろべえの会。ゲストの喜多八師匠が遅れ気味ということで10分ずらしての開演。「自分の会なんだから場をつなぐなんて考えなくていいんですけどねぇ…」とか言いながら、相変わらずグダグダのマクラから。

前回は携帯でピクロスやってたという話だったけど、今回は「モンハンがすごく流行ってるというので、モンハン買ってみたらハマってモンスターをハントしてます」とか。やっぱりやってますか^^ 噺家さんも結構移動が多いのでやってる人多いと思ってましたが、ほんとにやってる人見るとMHシリーズってほんと日本を代表するゲームって位置づけになったんだなぁと感慨もひとしお。

最初はエンジンも掛かってなかったのか、ちょっと滑舌の悪い感じの『道灌』から。悪くないけど…いや、やっぱり悪かったかなぁ。噛んだり、滑舌悪かったり、ちょっとがっかり気味のスタート。『道灌』終えると、ゲストの喜多八がまだ来てなくて「あと10分」と席亭の声。「10分の話なんてねぇ…」とボヤきながら、『初天神』の改作をコンパクトに。

このなんとなくグダった空気の中、いよいよ師匠の登場!!!!

「えー、前回の正蔵さんとの二人会でちょっと感覚をつかんだ『寝床』をやってみようと思ってましたが、見廻してみるとその時のお客さんばかりで…困ったなぁ(笑)。ろべえが自分の客を開拓してないのがいけない! 別の噺をやりますんで…ちょっと10分ほどいただけますか(苦笑)」

ししょーーーーwww

仲入り後、『三人旅』をびっこ馬から鶴屋善兵衛まで。
喜多八師匠ってこんなチャーミングな顔をするんだねぇ、もう嬉しくなっちゃった。しかし、同じ大声を出す仕草でも、ほんとに大声を出すろべえに対して、大声のような声で音量は低めの喜多八師、さすがです。今まで、若手とベテランの面白さの差というのがなんなのかというのがよく分からずにいましたが、こういうところの差というものもあるのかと少しだけわかったような気がしました。今まで好きだった喜多八師が、大好きになった一席。

続けて、いよいよトリの一席。
師匠に触発されたのか、渾身の『やかんなめ』。『代書屋』もそうだったけど、”ちょっとイライラした人”の所作仕草が自分の好みなのかもしれない。なんとなくガッカリとした雰囲気から始まった会だったけど、終わってみると満足満腹、堪能させてもらいました。
[PR]
by takiteso | 2011-04-22 00:52 | 落語
<< HR900試練『紅き怒りを追撃... フォワード.1“襲来!双極の脅威” >>