<< 終焉を喰らう者・初挑戦 さよならシーズン9.0 >>

柳家ろべえBirthdayだよ120分大暴れ

柳家ろべえBirthdayだよ120分大暴れ
道楽亭 Ryus Bar
2011年1月26日 (水)  19:00開演

柳家ろべえ
『鈴ヶ森』
『たけのこ』
仲入り
『つる』
『大工調べ』
打ち上げ


以前『代書屋』を聞いて面白かったろべえさんの会。
ろべえさんの誕生日に合わせて『Birthdayだよ120分大暴れ』と題して、新宿二丁目道楽亭 Ryus Barにて。

打ち上げに出る予定じゃなかったので、仕事終えて曙橋近くの広島つけ麺屋で腹ごなししてからのんびり2丁目へ。入店して支払いの際に「打ち上げどうされます?」と言われて、つい喉が引っかかって「出ます」と。あたしゃ火焔太鼓の甚兵衛さんかい。


『鈴ヶ森』
師匠の喜多八師の鉄板ネタ、らしい。
親分を主役に持ってきた感じなのかな。
間抜けな子分に手を焼く親分のほとほと困り果てる描写がたまらん。
その分、サゲ前の子分の描写は若干端折り気味で。
この味付けは好みだ。
「口移しで覚えろぃ」「え、口移しで///」とか「ケツの穴がひりひりするので、親分のつばをつけてください」とかちょっとBL方面のギャグも喜多八譲り、さすが新宿二丁目(違う)。

『たけのこ』
前日に「7年ぶりに稽古をつけてもらった時のネタ」という枕で『たけのこ』。この噺は初めてだけど、落語らしい知恵くらべ合戦に綺麗なサゲ。

『つる』
「残り1時間あるのに次の噺が30分なので」と前置きしておまけの1席。
この噺も初めてだけどネタとしては知っていたので、「このネタは落語が出典だったのか」と腹にストンと落ちた感じ。

『大工調べ』
政談ものだけど、後半の御白洲の場面は「間延びして面白くない(ろべえさん)」のでカットして長屋のやりとりのみ。まぁ、大家の揚げ足取りのいやらしさと棟梁のマシンガンのように繰り出される悪口罵詈の見事なこと。いや、しかし目の前(1mも離れてない)で演じられてるので迫力がすごくてね…恐いんだよ、棟梁!
ところで確かに御白洲の場面は下げは分かりにくいし、聞く方もちょっとダラっとしちゃってカットするのは良いんだけど、じゃぁ、長屋の場面でどう落とす勝手いうとちょっともう一捻りというか、「よし、綺麗に終わった!」という快感が得られなくて消化不良な感じ。

全体的に『大暴れ』と題したわりには「小暴れ?」位な感じだった。
もうちょっと笑いたかったなというのが本音。
打ち上げは慰労というよりダメ出し大会みたいになってちょっと気の毒だったねぇ。

ところで、枕のネタに「カープっ娘TV」という番組名が出てきたので聞いてみたら、ろべえさんは出身が福山なのなw 一気になんか親近感がががが…打ち上げでは色々話し聞けて楽しかったね。それにしても、話の途中で三遊亭天どんさんの話になったんだけど、てんどんさんってなんか落語家の間では評判いいのな…自分はちょっと好きじゃないんだけど、「女性にやたらモテる」だとか「あれで寂しがり屋なんだよ」とかいらん情報が増えていく…
[PR]
by takiteso | 2011-01-27 10:42 | 落語
<< 終焉を喰らう者・初挑戦 さよならシーズン9.0 >>